ピノ・ノワールという品種【田舎ワイン会】

ワイン会




ワインラバーズの皆さま、こんばんは。

勝手に宣言しますが、私はピノ・ノワールが大好きです。

なぜ好きなのかわかりませんが、ワインを飲み始めた頃、店にワインを買いに行くとブルゴーニュの(安い)ワインを気に入ってよく買っていました。

あの頃は「ピノ・ノワール」というより、「ブルゴーニュ」という名前が好きだったんです。たぶん。

 

ピノ・ノワールについて軽く説明します。

ピノ・ノワールはぶどうの品種です。

黒ぶどうなので赤ワインに使われているのはもちろんですが、実はこのピノ・ノワールからはスパークリングワインも作られています。

例えば、シャンパン

ピノ・ノワールは黒ぶどうなので、黒ぶどうの皮の色が付かないように、ゆっくりと丁寧に搾ることで透明で美しいあのシャンパーニュができあがります。

 

特徴的な色と香り

ピノ・ノワールは他の赤ワイン品種に比べると、色が薄くエレガントな香りが特徴です。

でもこれは、ぶどうをつくった産地により大きく変わってくるので一概にそれが正しいとは言えませんが、それもまたワインの面白いところ。

例えば、フランスブルゴーニュ地方などの気候が寒い地域では、色が薄く華やかな香り。

対して、カリフォルニアなどの温かい地域では、色は一般的な赤ワインよりやや薄く、なめらかで上品な香り。

ぶどうが採れたテロワールにより様々な表情を魅せてくれる、奥が深い品種です。

 

岩手でピノ・ノワールが栽培できるのか?

「つくりたいぶどう品種はありますか?」

ぶどう栽培はまず、品種を決めることから始まります。

生食用のぶどうであれば、シャインマスカットが育てたいなーと思うんですが、ワイン用に関しては特に育てたい品種というのが思い浮かびません。

ピノ・ノワールが好きならピノ・ノワール育てれば?

そんなアドバイスをいただく事が多くありますが、「飲む」と「育てる」は違うと思うんです。

ぶどう栽培にとって大切なことは、その土地に合ったぶどう品種を育てる事

そしてもう一つが、経験・技術

「岩手でピノ・ノワールという品種は合わないの?」

この答えはわかりません。

私が言える事それは、

「私のような初心者は、ピノ・ノワールは栽培するべきではない。」

という事。

実際にピノ・ノワールの栽培について伺ったら、「非常に難しい」との回答をいただきました。

最初は育てやすく、良いワインができた実績のある品種にしようと思います。

そしていつか私は、経験と技術を付けてこの岩手という大地でピノ・ノワールにチャレンジしようと思います。

 

では、長くなりましたがワインの紹介です。

 

クレマン・ド・ブルゴーニュ ベルトラン・ド・モンセニー

まずはスパークリングワイン。

瓶内2次発酵にて12か月熟成、フランスブルゴーニュ地方のシャルドネ100%ワインです。

クレマン クレマン

 

よくスパークリングワインで使われる「ブラン・ド・ブラン」「ブラン・ド・ノワール」という言葉があります。

ブラン・ド・ブランは白ぶどうのみでつくられたワイン。

ブラン・ド・ノワールは黒ぶどうのみでつくられたワイン。

なのでこのワインはブラン・ド・ブランということになります。

 

特徴

写真では泡が消えてしまいましたが、瓶内2次発酵の繊細な泡は見事でした。

スパークリングワイン

持続性や、飲んだ後の口の中で広がる感じはさすがに高価なスパークリングには敵いませんが、値段を考えればかなり優秀。

ハーブやグレープフルーツ、ライムのような香りに、フルーティーで豊富な果実味なんだけど爽やかでキレもあるので飲み飽きしません。

白コショウのようなスパイスのニュアンスに熟成に由来するヴァニラの香り。

ここまで奥行きのある香りだとは思いませんでした。

オススメです。

 

アンティウム ベッローネ

イタリア・ラツィオ州のワイン。

白ワイン ANTIUM

ラツィオ州は、トスカーナ州の南隣(地図だと下)で、ちょうどイタリアの真ん中くらいに位置します。

ぶどう品種の「ベッローネ」はイタリアの地ぶどうですね。初めて飲みます。

 

特徴

輝きがあり、ディスクも厚い。

白ワイン

レモンのような黄色い色。

熟したリンゴや洋なしの香りが豊かです。

温かい地域のワインだけあって、パッションフルーツやオレンジのニュアンスも感じます。

そしてしっかりとキレのある酸味が感じられるのがGOOD!

合う料理を考えなくても、魚料理なら何でも合うくらい気軽で良いワインですよ。

 

クラウディー ベイ ピノ・ノワール

ピノ・ノワールその1「ニュージーランド」

クラウディーベイ クラウディーベイ

オーストラリアの南東に位置するニュージーランド。

ソーヴィニョン・ブランとピノノワールの出来が良く、産地として注目を集めています。

最近ニュージーランドのワインに凝っていましたので今回、つかわせていただきました。

 

特徴

ピノ・ノワールにしては色は濃い目。

若さが見た目から感じられます。

ピノノワール

チェリーやブルーベリーなどのベリー系の香り。

草のような苦みのニュアンス。

タンニン・酸味もあり、深みがあって余韻も長めですね。

クラウディーベイは、ソービニヨン・ブランが有名なので、こんどはそっちものんでみたいです。

 

シモンビーズ サヴィニー レ ボーヌ プルミエクリュ レ セルパンチエール

ピノ・ノワールその2ブルゴーニュ。

シモンビーズ シモンビーズ

コート・ド・ボーヌの赤をいただきます。

ブルゴーニュに限らず、フランスのワインはお高くてなかなか飲む機会がないのですが、本日はついにプルミエクリュ飲みます。

このワインの生産者「シモン・ビーズ」は以前テレビ番組で拝見していちど飲んでみたいブルゴーニュワインでした。

日本人女性が活躍しているドメーヌです。

 

特徴

ブルゴーニュらしいルビー色が美しい。

エッジがかすかにオレンジががっていて深みのある色合いです。

シモンビーズ

非常に品があります。

ワインは濃ければ良いってもんじゃない。これぞブルゴーニュ。

チェリーやイチゴなどの赤い果実の香り、バラの花。

ハーブやシナモンのような柔らかい香りのスパイス。

複雑で滑らかな味わいタンニン。

料理との愛称は間違いなく良いですが、これはワインだけでも十分楽しめる。

複雑で滑らかな口当たりは、飲み飽きる事がなく、このワインの深さをじっくりと探求するのも悪くないでしょう。