ワインぶどうの新芽が顔を出してきました。




 

4月に定植したぶどうの苗木がに新芽が顔を出しました。

粘土質の土壌で水たまりが多く、どうなることやらと思いましたが何とかなりましたね。

 

品種によって発芽にばらつきがあるようです。

 

新芽が大きかったり小さかったりしているのは、苗の状況や土壌の性質によるものだと思いますが、品種によっても若干の違いはあるでしょう。

定植した4種の苗木を見ていきましょう。

 

ピノノワール

 

ピノノワールを植えた地面は、粘土質でしたが水が溜まっておらず、すんなりと植える事ができた場所です。

成長が早い苗はこの通り順調。一安心ですね。

 

ソーヴィニヨンブラン

 

ここの場所は最悪の土質でした。水が抜けず溜まりまくり。最強の粘土質!

そしてこの苗木は2年苗で一見太くて良さそうに見えるのですが、成長はやっぱり遅い。

それでもなんとか顔をだしてくれました。これからの成長に期待です。

 

ゲヴェルツトラミネール

 

この品種が一番元気が良いようです。

それもそのはず、まず苗木の根が立派でした。全て1年苗で根っこが多く長い。見た目は細くて頼りなかったんですが、成長は抜群のようです。

土壌は石が多い粘土質。粘土といっても、ここら辺は良い粘土質。笑

ちょっと意味がわかりませんが、とにかく順調そうでなによりです。

 

モンドブリエ

2年苗は苦戦しております。

 

ゲベルツとたいして変わらない土壌なんですけど、この苗は遅い。

品種か2年苗だからなのかわかりませんが、ゆっくりと強く成長してほしいものです。

 

芽が出ても、まだまだ不安だらけ。

定植時はあんなにひどかった土壌から芽が出てきたので、とりあえずは良かったです。

しかし安心はできません。

まだ芽のふいていない苗木もおおくあります。

獣害にあうかもしれません。

都合がつけば足を運んでいます。

 

圃場の石。

片付けなきゃいけませんね。

草刈機。

欲しいなー。