家庭で簡単「鉄フライパン」の使いこなし術




今お使いのフライパン、くっつきやすくなっていませんか?

料理の必需品フライパン。高いのから安いのまで様々な種類が販売されていますが、そのフライパンどのくらいで買い替えますか?

高いフライパンを買って長持ちさせる方、安いフライパンを短いスパンで買い替える方。様々な考えがあると思います。

「そろそろ替えどきかも。」

そのように思うタイミングは、くっつきやすくなった時ではないですか?

テフロン加工などの材料がくっつきにくい加工が施されたフライパンは軽くて、手入れが簡単で、使いやすくとても便利な調理器具なことは間違いありません。

しかし、どのような道具にも欠点が必ず存在します。

私はそのようなことをふまえ、鉄フライパンという選択肢をご提案したいと思います。

鉄フライパンの魅力と欠点

鉄フライパンについては他の多くのサイトで様々な情報を発信していますので、今ここでは簡単に鉄フライパンについて私が感じたことをお話ししたいと思います。

十分に知識のある方はおさらい程度に。

これから使ってみようかなとおもう方には、参考にしていただければと思います。

魅力

鉄フライパンはなんといってもその耐久力が最大の魅力ではないでしょうか。

基本壊れるまで使えます。鉄なのでよっぽどのことがない限り壊れることはないでしょう。10年以上買い替える必要はありません。

さらに使い込めば使い込むほどに油が馴染んでものがくっつきづらくなっていきます。自然となぜか愛着がわいてきます。笑

ただ、気を付けていただきたいのがフライパンの変形です。いくら耐久性が良いからといっても限界があります。

コンロでフライパンを熱しかなりの高温になった状態から、水などで一気に冷却。このようなことを繰り返していくと徐々に変形していきます。

以前私は中華料理店で働いていたことがありますが、その中華料理店では中華鍋が変形していました。

中華料理といえば強火力での豪快な調理ですよね。もちろん中華専用のコンロは他の業務用コンロより火力が強いので中華鍋が酷使されているというには一理あるかもしれませんが、一番の原因は急激な温度変化でしょう。

中華鍋をかなりの高温まで焼いて一気に流水で冷やしていましたから。

変形は家庭ではなかなかないと思いますが、IHヒーターなんかではよく変形するらしいです。熱の伝わり方にムラができるのが原因ですね。

あくまでもこの変形というのは鉄フライパンの耐久性の強さからなる現象でありまして、仮にテフロン加工などのフライパンであればとっくに使えなくなっていますので。

欠点

テフロン加工されたフライパンと比べれば使いづらかったり、手間だったりすることは多くあります。

  • 手入れがめんどくさい
  • 油が飛び散りやすい
  • 重い

などなど今までのフライパンに慣れた方から言わせるとデメリットばかりです。

鉄フライパンを使ってみると、いかに現代のフライパンが素晴らしいか実感できると思います。笑

1回使ってもう使わなくなったなんてことあるんじゃないですか。調理中に食材がくっついてストレス感じたりすると思います。鉄フライパンは温度が高すぎても低すぎても食材がくっついてしまうんです。卵料理なんかはその点でいえば特に敏感ですね。

でも、温度感覚が身について卵焼きやオムレツが上手に焼けるようになりますよ。笑

大切なのはどのように鉄フライパンと向き合っていくかだと思います。私は慣れたので全然手間に感じませんし、使いづらいともかんじません。

 

まずは鉄フライパンの基本「油ならし」を覚えよう。

油ならしとは鉄フライパンを油になじませて食材をくっつきにくくする作業のことをいいます。

新品のフライパンを使うときはまず、表面に錆びづらくするコーティングを剥がす為に何も入れず鉄フライパンだけをしっかりと焼きます。焼き終わったら油を流し込み、野菜の切れ端などを炒め鉄フライパンに油をしっかりとなじませます。こうした工程を経て使える状態になるわけです。詳しいやり方は鉄フライパンのメーカーによってさまざまなので、説明書通りにやってもらえたらいいと思います。

もちろんこのような作業は最初の一回で十分です。次からは油ならしをしてすぐに使えます。では実際にその油ならしをしていきましょう。

 

油に「じっくりならす」か「一気にならす」か

油ならしといっても色々なやり方があるようですが、だいたい2パターンに分かれます。

油を流し込んで弱火で3分ほどじっくりとなじませる方法と、あつく熱した鉄フライパンに油を流し込む方法。

私は後者のやり方しか知りませんでした。今もそれしかやっていません。

見づらいですがまず、水洗いした鉄フライパンを煙が出るまで熱します。

家庭のコンロはセンサーが付いていて、ある程度の温度になったら勝手に火力が弱くなります。その温度までしっかりと熱しましょう。

センサーが働いて火力が弱くなったら、油をたっぷりと流し込みます。

周りまでしっかりとなじませたら余分な油はオイルポットに戻しましょう。

これで油ならしの終了です。

この作業をするのとしないのでは食材のくっつき方がまるで変わってしまいます。炒め物や焼き物など、調理を始める前には必ずこの油ならしを行うようにしましょう。

鉄フライパンを愛用している方のなかには油ならしをしないで、油を敷いていきなり使い始めるという方もいらっしゃるようです。長年使い込んだ立派な鉄フライパンであればこの作業は割愛して大丈夫という事でしょう。

 

鉄フライパンとは長い間、向き合っていく事が大切

いかがでしたか?

いかに鉄フライパンがめんどくさいかおわかりいただけたと思います。笑

でもこれは始まりにすぎません。これから何年ものあいだ、鉄フライパンと向き合っていく事になります。

その間に様々なことを考えるはずです。洗い方や油ならし、調理方法、テクニック…

そして気が付けば鉄フライパンに愛着がわいて、なくてはならないアイテムになっているのではないでしょうか。

是非一度、鉄フライパンをお試しください。そして楽しい鉄フライパンライフを送りましょう。