【収穫まで1週間】まだまだ酸っぱいぶどうは無事熟すのか?

ツヴァイゲルトレーベ




 

収穫予定日は9月15日に決まりました。残念ながら私は仕事で収穫に参加することができないという悲しさ。笑

そして収穫1週間前なのに酸味がまだまだ残っているんですよね。色は良いんですけど・・・。

甘みはどんどん増えてきたので、その頃にはそれなりの糖度になることを祈りましょう。最後までぶどうが気になってしょうがないですね。

 

摘粒もいよいよ大詰め!

収穫までに傷んだ粒を全て抜いてしまおうと思っています。そうすることによって、収穫時に傷んだ粒を取り除く必要がないのでかなりのスピードアップが望めます。

それにしても粒の割れがひどい。雨も原因でしょうが、葉面積が少ない事も関係していると思います。摘心位置はそれほど低くないのですが、葉が枯れちゃって枚数が少ないんです・・。

虫が悪さをしてこうなってしまったと思うんですが、予想外でした。葉が少ないと光合成も上手くできないので糖度が心配です。ちゃんと上がるといいんですがね。

ツヴァイゲルトレーベ

色はごらんの通り結構付きました。

房の数も写真を見ると多そうですが実際大したことないです。平均的な収穫量より少ないですよ。葉っぱが元気でいてくれれば予定通りだったんですが、ちょっと狂いましたね。でも、これもまた農業。思い通りに行くことなんて無いのが当たり前じゃないですか。

 

成長した一年。

今年は本当にたくさん勉強させていただきました。

薬剤散布は指導してくれる方にまるっきりおまかせでしたが、来年からは自分で判断して散布できるようにならなくてはいけませんね。

ぶどうの管理も奥が深い。その年の気候や、樹の状態に合わせた樹勢管理を適期に行うことが非常に難しかったです。

収穫後は来年に向けて、草刈りなどの環境整備をしようと思います。