ぶどうの誘引。芽かき不足で誘引が大変な件。

誘引作業




 

ひたすら誘引ばかりしてるんですけど、ぶどうの成長が予想以上に早くて大変なんです。

そして思いました。芽かきが甘い。

ちゃんとやったはずなんですけどね。全然足りないんです。もっと芽かきしてあげなくてはいけなかったんですね。

お陰様で、「誘引」と「芽かき」の作業を同時にやらなきゃないけなくて、なかなか作用が進まなくて、そうしてる間にぶどうが伸びて…

もう大変!!

 

垣根に1本1本、手作業で誘引していきます。

ぶどうの垣根のワイヤーに、伸びたツルを誘引します。

誘引

芽かきして、テープナーで誘引。

絡まった新梢をほぐして、誘引。

それでも作業はおわりません。

 

芽かきをやったのか疑いたくなる程にモジャモジャ。

良いぶどうを収穫するためには、ある程度新梢の間隔に余裕をもたせなくてはいけません。

芽が出てきた時点である程度、使わない芽は欠いてたんですけど、全然足りませんね。

おかげで勢力が分散されてしまって、新梢の伸び方がバラバラ。

同じ長さで伸びてほしいんですけど、芽が多いところは短く、芽が少ないところは長くなってしまいました。

 

まだまだ修行がたりませんね。

来年はこんな事ないように今年しっかりと反省し、美しいワイン畑にしますよ。